副業始めたら確定申告をしなければならない理由

確定申告とは

副業で年間20万円以上の収入がある人は、年1月1日から12月31日までに得たすべての収入を計算し、翌年3月15日までに申告・納税しなければなりません 確定申告をしないと必要以上に多く税金を払わなくてはならないので必ずしましょう

税金のコントロール(節税)が出来る

作成した確定申告書から、所得税、住民税、国民健康保険料を計算します たとえばサラリーマンが20万円分の医療費を支払ったので、確定申告で医療費控除を受ければ、所得税と住民税が安くなります(国保に加入していれば、国民健康保険料の安くなります) 個人事業主の場合の税金の計算は「売上」- 「経費」=「課税所得」 「課税所得」に税金が掛かるから、個人事業主になれば、売上から経費を差し引いて、税金を安くすることができる  

払いすぎた税金を戻すことができる

給与から差し引かれた税金や予定納税として前払いした税金が、1年間の所得に対する税額より多い場合があります 確定申告をすれば、多く払った税金を取り戻すことができます。なので、確定申告はサラリーマンでも必ず行いましょう

ペナルティーを回避する

確定申告しなければバレないだろうと収入を隠そうとしても必ず見つかります 今年は見つからなくても忘れた頃に突然税務署から追及され、重加算税・無申告加算税・延滞税が課せられて支払う金額が膨れ上がるので確実に申告しましょう

確定申告のまとめ

・個人で年間20万円以上の収入がある人はしなければならない ・税金のコントロール(節税)ができる ・払いすぎた税金を戻すことができる ・ペナルティーを回避する 働き方改革に向けての取り組みとして、副業が解禁されました。多くのサラリーマンが副業を始めて収入が上がるでしょう ですが、今まで会社まかせにしていた税金の計算も自分でする必要があるのです。 副業を始めると同時に副業に課せられる税金についても覚えていかなければなりません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事