サイトURLから「.html」などの拡張子を消す方法
一生懸命作り上げたWEBサイトなのにURLが「http://◯◯◯◯.jp/◯◯◯.html」だとカッコ悪いですよね。

ここでは、サイトURLの「.html」などの拡張子を消す方法を紹介します。

.htmlを消す


サイトURLの設定変更するには「.htaccess」というファイルを扱います。

既に.htaccessファイルが存在する場合は必ずバックアップを取ってから編集作業を行なってください。

なければ.htaccessファイルを自分で作成しましょう。

「.htaccess」ファイルの作成


.htaccessファイルの作成にはテキストエディタが必要です。

もしなければダウンロードしてください。(オススメは秀丸かTeraPad)

新しいファイルを新規作成して名前を.htaccessにして保存します。

サーバーに.htaccessファイルをアップロードする時は「〇〇.html」ファイルと同じ場所にしてください。

「.htaccess」ファイルの編集


.htaccessファイルに以下のコードを追加します。

RewriteEngine on
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME}\.html -f
RewriteRule ^(.*)$ $1.html 

RewriteCond %{THE_REQUEST} \.(html)\ HTTP
RewriteRule ^(.*)\.(html)$ /lp/$1 [R=301,L]
【注意】
.htaccessファイルにコードを追加する場合は、コードの最後に「改行」してください。
「改行」をしないとサイトが動かなくなる可能性があるので気をつけよう。



これでURLから.htmlが消えて「http://◯◯◯◯.jp/◯◯◯」となります。

「html」を「php」に変更すると.phpを消すこともできます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事