手に付いた魚の臭いを消す方法
こんばんは!ボッチです!! 前回は服に付いた魚の臭いを消す方法について解説しました。 なので今回は手に付いた魚の臭いを消す方法を伝授します。 (前回のおさらい)魚の臭いの原因になっているものは何か? 魚の生臭さの原因は、魚の中に含まれる旨み成分でもある トリメチルアミンオキサイドという物質もとになり細菌に よって分解されたときに発生する臭いです。 魚の臭いの原因は、簡単に言うと「アミン臭」というもの で、菌が魚の栄養で繁殖し強烈な臭いとなっています。 強烈な生臭さを発生させるのは「トリメチルアミンC3H9N」というもの です。 手に付いた魚の臭いを消すには? 手についた魚の臭いがこんなにも臭いと「どうしたらしっ かりと臭いを除去できるのだろう?」と誰しも考えてしまうほど強烈な臭いです。 そこで、魚の臭いの原因を石鹸などで「洗 う!」という方法。アミン臭は手の溝の中に入り込んだ アミン臭をしっかりかき出し、洗い流し臭いを消す方法があります。 仕上げに石鹸で洗ったあとに軽く拭き取り レモンやレモンの皮などをまんべんなくこすりつけ、その 後10秒ほど置いてから布で拭くことで生臭さもスッキリと 除去することができます。 手についた魚の臭いがなかなか取れないというのは何故か? 魚の臭いが取れない原因としては臭いそのものがとても手に馴染み やすくなっていることです。手の平には凹凸があり、魚の 臭いの原因のアミン臭はその凹凸に入り込んでしまう性質 があります。 手とアミン臭が一体化してしまうことで、電気的にも強力 に馴染んでしまっています。そのため、なかなか石鹸で洗 ったくらいではなかなかその臭いも取れてはくらないので す。 臭いを消す方法として、魚の臭いの原因のアミン臭を石鹸 とブラシでゴシゴシと指紋や溝を洗ってしまわなければなりませ ん。 イオンの力で臭いを消す もうひとつの臭いを消す方法として、きれいにアミン臭の 臭いを洗いながすために電気的に結合している、アミン臭 の臭いを「イオンの力」を利用して引き離してしまうという 方法があります。 「イオンの力とは?」それは、水道の蛇口などステンレス でできているものを利用することです。ステンレスに触る ことでアミン臭を手から引き離してしまうことができるか らです。 まとめ 手についた魚の臭いを消す方法は ➀指紋や溝をブラシでこする ➁ステンレス製品を触って臭いの原因を引き離す 魚の臭いは本当に消しずらいのでこの記事を参考にして役立ってくれれば嬉しいです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事